花璃 〜 hanari 〜      

新規コラーゲン

世界初!最新テクノロジーにより生まれた新規コラーゲン 新規コラーゲン

新規コラーゲン※1は、ゲノム情報をもとに最先端のテクノロジーにより植物由来のアミノ酸をつなげ人工皮膚などの組織再生・修復材料の再生医療用途として開発されたもので、天然のコラーゲンには無い表皮再生機能を持ち、アレルゲンも無く熱安定性にも優れた安全で高機能なコラーゲンです。(日本[特許第5070442号]・アメリカ[US7.262.275.B2]・ヨーロッパ [EP1340767]で特許登録されています。)
化粧品よりも基準の高い医療材料の安全性試験をクリアしており、
“表皮再生機能”を持つ新規コラーゲンをいち早く取り入れ、花璃の基材に選びました。


新規コラーゲンの特徴 動物由来のコラーゲンでは実現が難しいキメを整えシワを改善する効果があります
コラーゲンの性質

コラーゲンはアミノ酸が連なった分子が“らせん状”に3本縒り合わせられた「3重らせん構造」を形成している高分子なもので、もともと皮膚内部に存在しお肌の弾力やハリを保つ役割を果たしています。
従来コラーゲンは動物から抽出されますが、熱に弱くその動物の体温を超えると特有の3重らせん構造が崩れてゼラチンに変性し低分子コラーゲンや水溶性コラーゲンと同様、3重らせん構造を形成していないのでコラーゲンの特徴であるお肌の弾力やハリを十分に保つことができません。
また、動物特有の臭いがあるためにアルコール処理や香料を配合しなければならないものもあります。

ひと口にコラーゲンと言われていてもこれだけ違うのです。

※1大学等の研究機関により開発された、天然のコラーゲンに良く似た構造を持つアミノ酸の集合体「ポリ(トリペプチド6)」です。

※新規コラーゲンについての詳細は、開発元の(株)PHGのページをご覧下さい。
新規コラーゲンについて